愛媛大学理学部

砂田亮  東中学校出身


「夢を実現させてくれた高校生活」
幼い頃から剣道を続けており、先生として働くことに憧れていました。その夢を実現させるため、文武両道を目指して、松山聖陵高校特進コースに入学しました。勉強に励みながら、9時間授業の後に時間の許す限り精一杯練習し、その結果2年生の時に個人で四国大会優勝、インターハイにも出場することができました。部活動を引退した後も、先生方や仲間達に支えられ、愛媛大学理学部に合格しました。そして、部活動を続けながら教員免許を取得することができました。
現在では、「母校で先生として教壇に立つこと」と「剣道部の監督になること」というふたつの夢を実現させました。松山聖陵高校の特進コースで、諦めずに努力することの大切さを知り、支えあって自己を高めあうことを学んだことで、今の自分がここにあると感じています。
ぜひ、みなさんも自分を信じて、夢を叶えてみませんか。

岡山大学経済学部

藤本 達士  津田中学校出身


長い人生の中のわずか三年間を我慢することで自分の将来が変わるなら‥。 そんな思いで松山聖陵高校特進コースに入学した。しかし、勉強以外にも様々な行 事があり、十分に楽しみながら学ぶことができ、学習習慣が自然に身についた感じが する。中学時代は部活動ばかりで勉強嫌いだった自分が、国立大学に合格できると は想像もしていなかった。もし松山聖陵高校に入学していなかったら‥‥。と考える と、この特進コースは、恐ろしいくらい自分を変えてくれた。勉強が苦手で将来に不安 を感じている人、また、さらに飛躍したいと考えている人に、松山聖陵高校特進コース への進学を勧めたい。


神戸薬科大学薬学部

青井 直樹  湯山中学校出身


特進コースとの「出会い」がなければ現在の私は存在しない。この出会いによって 中学時代には想像もしなかった大学に合格することができた。入学当初は辛かったけ れど、やがて学習内容が理解できるようになり、学力が身につくにつれて、人間的に 成長していくのが自分にも実感できた。積極的とはいえなかった自分が、学級委員長 や応援団長を任され、それを引き受けるまでになった。また、やり遂げることによっ て、何事も「成せば成る」という自信をつけることもできた。すべては常に私を励まして くれた両親のおかげである。そして、少人数制の下で苦楽を共有した仲間との出会 い、親身になって私たちの将来を考え、指導してくれた先生方との出会いのおかげで ある。この思いを胸に、新しい出会いを求めて大学生活に旅立ちたい。

大阪大学理学部

新口 湧太  大洲南中学校出身


僕が松山聖陵高校に決めたのは最初は「なんとなくいいかな?」くらいでした。通学も汽車で片道1時間以上かけ通うので9時間授業にも最初は不安がありました。が「特進は家族」共に過ごすうちに休日まで松山に出てきてクラスメイトとスポーツを楽しむほどになりました。進路に関しては、高校2年の頃。担任の先生から「せっかく大洲から通ってきているのにもったいない。目標を高く持て!」と言われ奮起し、「大阪大学合格!」と目標を決めました。しかし、そのころにはまだ全然合格は見えていませんでした。各教科の担当の先生方からも熱心な指導をいただきセンター前には個別対策もありました。目標はそれぞれ違っていましたがクラスメイトとも切磋琢磨し大学受験にチャレンジできました。大学では軟式野球のサークルにも参加しキャンパスライフを楽しんでいます。GWに帰省した折にはクラスメイトともご飯を食べに行き楽しい時間を過ごしました。ほかの高校に進んでいたらはなして今の自分があっただろうか?と高校での三年間を振り返り思います。進路を迷っている中学三年生の皆さん。
ここ松山聖陵特進コースには自分の目標を高めチャレンジするための最高の環境がある。と僕は確信を持ってお勧めします!