指導方針

「理科」とは「物理学」・「化学」・「生物学」・「地学」など、「数学」以外の自然科学の内容をまとめたものです。

自然の事物・現象に対する関心や探求心を高め、目的意識をもって観察・実験などを行い、科学的に探究する能力と態度を育てるとともに自然の事物・現象についての理解を深め、科学的な自然観を育成します。

これらの自然観から広い視野をもつ人材を育成することを指導方針にしています。

カリキュラム

1年次に、「科学と人間生活」を全員が履修します。

2年次は、「生物基礎」・「化学基礎」・「物理基礎」の3科目の選択授業に分かれます。文系は「生物基礎」の1科目だけを選択します。理系は「化学基礎」とその他の1科目(合計2科目)を選択します。

3年次は、理系のみが「生物」・「化学」・「物理」の専門分野3科目と「科学と人間生活」の応用分野1科目の合計4科目から2科目を選択します。
少人数クラスによる、丁寧な学習指導や肌理細やかな実験指導をしています。また、長期休暇中の補習を通じてセンター試験・個別試験への対策を行います。

科目の特色

科学と人間生活
自然と人間生活とのかかわり及び科学技術が人間生活に果たしてきた役割について、身近な事物・現象に関する観察・実験などを通して、科学的な見方や考え方を養うとともに科学に関する興味・関心を高めます。
物理基礎
物体の運動とエネルギーおよび様々な物理現象とエネルギーの利用について学習します。
化学基礎
化学と人間生活、物質の構成および物質の変化について学習します。
生物基礎
生物と遺伝子、生物の体内環境の維持および生物の多様性と生態系について学習します。
物理
力と運動、波動、電気や磁気、電子・原子及び原子核に関する現象を探求し、基本的な概念や原理・法則を理解します。
化学
物質の状態・変化と平衡、無機物質・有機物質・高分子化合物の性質と利用を日常生活や社会と関連づけて理解します。
生物
生命現象と物質、生殖と発生、生物の環境応答、生体と環境、生物の進化と系統についての考え方を理解します。

物理指導の様子

生物実験の様子

化学実験の様子

物理実験の様子

生物実験の様子